猫

猫はとてもキレイ好きです。

気がつけば一日中グルーミングをしていますし、当然トイレもキレイでないと嫌がります。

排泄後すぐに隠すのは諸説ありますが、キレイ好きなのが一つの理由のようです。

普段の猫トイレのお手入れを任されている飼い主さんなら、なおさらきちんとした方法でトイレを清潔に保つ方法を知りたいと思いますよね。

スポンサーリンク

猫のトイレの掃除回数は一日何回?

トイレ

猫はとてもキレイ好きな生き物です。

室内飼いにしているなら、なおさら飼い主さんが掃除してあげないと誰もしてくれない状態になってしまいます。

できるなら猫の排せつ物はする度にすぐに取り除くようにしてあげるのが理想的です。

しかし、仕事などで一日中一緒にいてあげられないなどの場合は、最低でも一日に一度は糞、尿の回収はきちんと行って下さい。

猫の健康管理がしやすいことと、糞、尿の排せつ物を放置しておくほど雑菌が増殖しやすいことが理由です。

 

トイレの掃除の仕方は?

猫砂

一般的な猫トイレで固まる砂を使用しているなら、猫トイレ専用のスコップなどホームセンターや100円ショップでも手に入れられますので、それですくい取ります。

またはビニール袋ごと掴んで取るという事も出来ます。

またシステムトイレの場合でも便は取り除く必要がありますので、スコップなどで1日最低一度は取り除き、清潔なトイレにしてあげましょう。

スポンサードリンク






トイレ本体の掃除の頻度は?

猫 トイレ

猫の数にもよりますが、最低1カ月に一度猫砂の全量を取り除き、丸洗いするのがベストです。

猫の数が多い場合や夏場などのように菌が繁殖しやすい時期は、頻度をもっと多くして3週間に一度などきれいに掃除するように心がけてあげて下さい。

人のトイレも1週間も掃除しないだけで使う気になれない位の状態になってしまうのと同じですものね。

 

トイレ本体の掃除に洗剤や重曹は使用OK?

洗剤

猫トイレの掃除は猫砂が少なくなってきたり、1カ月過ぎてしまわない位のタイミングで掃除します。

まず猫砂を全部取り除きます。

それから本体の掃除ですが、使用する洗剤は中性洗剤などでもよいかと思います。

重層を使用しても問題ないのですが、尿はアルカリ性なので酸性のクエン酸を使用する方がより効果的でしょう。

トイレの本体やスコップなどの備品を丸ごと洗い終えたら、熱めのお湯を入れるか、少し濃度を薄めにした漂白剤を入れて30分ほどつけ置きします。

30分ほど経過したらつけ置きしたお湯を捨て、念のためもう一度クエン酸か中性洗剤であまりゴシゴシ力を入れ過ぎなめしいようにして洗います。

猫のトイレがプラスチック製の物の場合、力を入れ過ぎると傷ができてしまい、そこに雑菌が溜まってしまうのを防ぐためです。

その後さらにすすぎ洗いをしてタオルなどでふき取り、お天気が良ければ天日干しします。

こうすることでピカピカのトイレの出来上がりとなります。

スポンサードリンク






トイレ掃除をしていると猫が怒る場合は?

猫

猫がトイレを自分の縄張りだと思っているのかもしれません。

たまにトイレの中でそのまま寝ている子猫の姿を見かけることから、猫にとってトイレはキレイであれば人が思う以上に安心できる場所なのかもしれませんね。

どうしてもなかなか掃除できないくらい猫が攻撃してくるなら、猫が寝ているときなど見計らって素早く掃除を終わらせなければなりませんね。

そういった猫の場合は仕方ないのですが、少しだけ古い猫砂を残した別のトイレに入れてそれをおいて置き、その間に汚くなった猫トイレを掃除する方法があるかもしれません。

あるいは猫が一匹しかいない場合でもトイレ掃除の度に怒るのなら、最初から猫トイレを複数用意するといいかもしれません。

できるなら離れた場所に普段から固定させて置きます。

しかし人もあまりにも神経質にならないようにして、どうしても猫がトイレ掃除をするのを見に来た時にも冷静に対処してください。

「すぐにきれいにしてあげるから、待っててね。」など一見意味なさそうな声かけをするだけでも違うという人もいます。

一説によると猫は人の声の聞き分けができるとも言われていますので、試してみるのはいかかでしょうか?

スポンサードリンク






猫トイレの掃除を怠るとどうなるの?

猫

猫は超がつくほどキレイ好きな動物です。

ですからあまりに大量の排泄物が残っていたり、何か月も洗わないような汚いトイレにはそのうち近寄らなくなります。

そうすると室内飼いの猫の場合、部屋の隅などに排泄をしてしまうという事がよくあるようです。

また、がまんして汚いトイレを使い続けた猫がいたとしても、雑菌の増殖により膀胱炎にかかったり健康面でもよくない影響が出ます。

 

おわりに

猫

猫も人もトイレは常に清潔に保つのが原則のようですね。

システムトイレだからとか全自動猫トイレだからといった理由でお掃除をないがしろにするのなら、はじめからそういうトイレを使わない方がいいくらいだと思います。

どんな形状のトイレであっても、キレイなトイレを保つのは飼い主さんのためでもあるのではないでしょうか?

かわいい愛猫と仲良く元気で暮らすためには、面倒臭がらずにしっかりとお手入れしてあげて下さいね。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます