トイレ

猫のトイレのしつけはほとんどと言っていいくらい要らないと考えてもいいでしょう。

しかし、今まで猫と暮らしたことのなかった人や外の暮らしに慣れている猫を迎え入れる場合などは、やはりトイレはできるだけ早く覚えて欲しいはずです。

子猫や野良猫の場合どのような手順だとスムーズに覚えてくれるのか考えて見ました。

スポンサーリンク

子猫のトイレのしつけ方

子猫

子猫の場合でも猫はトイレのしつけに時間はあまりかかりません。

もし先住猫がいるならトイレをするのは早いはずです。

子猫は先住猫の真似をして同じようにトイレをするようになる習性がある言われてます。

しかし、もし先住猫がいない場合は濡らした綿棒を使うという方法があります。

子猫を猫用トイレの中に入れて、子猫の陰部を少しだけつついておしっこをうながします。

そして、もしおしっこが出ればもうしつけはほぼ終わりです。

次回からそこで排泄してくれるようになります。

またそれ以外でも猫の様子をよく観察してみて、意味もなくやたらとうろうろしたり、床などを掻いたりといった行動(トイレサインと言います)が見られたらすぐにトイレに連れて行ってあげましょう。

するとそこで排泄するのだとすぐに認識してくれます。

 

子猫のトイレのしつける時期はいつから?

子猫 トイレ

子猫の場合トイレを自主的にするようになるのは生後3週間位からだと言われています。

無理にしつけなくても自ら用を足すようになるようですが、万が一粗相をしても決して怒らないでください。

猫は大きな声を出したり、怒っても何をして怒られてるの認識しないことが多く、ほとんど意味がなく、怖い思いをさせて再び粗相をさせてしまう原因になってしまうことが多々あります。

再びそこで排泄しないように、臭いが残らないようキレイに掃除しておくことも必要です。

個体差はあるので、しつけが他の猫より必要な場合でもあきらめずに根気よく覚えるまでしつけてあげて下さい。

原因は、もしかしたらトイレの場所や猫砂などにあるのかもしれません。

出来るだけ静かで人目に付きにくく、落ち着ける空間を作れないか工夫してみて下さい。

そして猫はとてもキレイ好きなので、トイレの排泄物は早めに取り除くといったように常に清潔を保つように心がけて下さい。

[cc id=20 title="AdSense"]

成猫・外猫・野良猫の場合は?

猫

成猫、外猫、野良猫すべて1歳以上の猫を新しく迎え入れる場合であるとします。

オスとメスでも違いがあり、オスはマーキングの意味で尿をあちこちとしてしまう事もあります。

そういった意味でも去勢手術は早めに受けさせた方がよいようです。

去勢手術を行う事で完全にマーキングがなくなるとは言い切れませんが、多くの猫はマーキングをしなくなると共に健康面でも長生きする傾向にあるようです。

譲渡会やペットショップなどでトイレのしつけをされている猫は問題ないでしょうから、保護した猫の場合と考えますが、長く外にいた猫でもきちんとした手順を踏めばトイレは覚えてくれます。

先住猫がいれば子猫と同様に真似したり、あるいはその先住猫のトイレを使わせることが有効な事もあります。

また保護した猫の尿をティッシュなどに染み込ませることが出来れば、それを猫トイレの中に入れて置いて、やはりトイレサインを見逃さずに連れていくことで覚えてくれます。

野良猫の場合は室内トイレに慣れること自体が難しい例もありますが、猫の好むトイレは大きめで、砂はできるだけ小さいもの最初は鉱物系の猫砂がお勧めです。

大きめのトイレは、代用品として衣装ケースの使っていない物でも可能です。

やはり子猫同様、粗相をしても決して怒らないでください。

スプレー容器に水をあらかじめ入れて置き、もし粗相しそうになったらすぐにひと吹きだけ水スプレーを猫にすると嫌がって同じ場所でしなくなる事もあるようです。

これも個体差はありますし、粗相をした後など少しでも時間が経ってしまうと何で水スプレーをされたのか分からなくなりますので、試してみる一つの方法と考えて下さい。

粗相したら住居用の洗剤などで念入りに掃除をして、臭いを消すことだけ考えて排せつ物を始末してあげて欲しいのです。

この時に中毒した事例もあることからアロマやエッセンシャルオイルなどは決して使用しないでください

ずっと外の生活しかしてこなかったのですからいく分か時間はかかるでしょうが、怒ることで余計にトイレのしつけに時間がかかってしまう事も十分考えられますので、根気よくしつけをしてあげて下さい。

[cc id=20 title="AdSense"]

スプレーは効果あるのか?

スプレー

猫が同じ場所で粗相をしない予防として使用するトイレのしつけ用スプレーは商品化されています。

中でも、「バイオウィル」「フィジョンペット」「ソイペット」「猫ピタ」なんかがおすすめです。

それぞれ違う成分で消臭する仕組みなので、気に入ったもの、自分のニャンコに効果があるものを探してみてください。

 

なかなかしつけができない場合は?

メイン画像

猫が何回も同じ場所で粗相をしたり、長くトイレにしつけがかかるような時は、猫に泌尿器系の病気が疑われます。

あまりにもしつけで困るような時は、一度病院で精密検査を受けてみることをお勧めします。

 

まとめ

親子

自らの経験上、猫を買ったことは一度もなく、すべて野良猫や捨て猫を保護してきましたが、トイレのしつけで苦労した経験はほぼありません。

途中から完全室内飼いに切り替えた成猫もいましたが、その場合でもトイレのしつけはいらなかったのです。

ただ、オス猫を保護したときはマーキングされたこともありましたが、怒ると余計にしてしまう事もありましたの。

個体差があることを理解して、人間が猫と幸せに暮らすためには根気強さは必要だと学びました。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます