トイレ

猫が突然粗相をしてしまったら?

猫が粗相をするというのは、ほとんど通常では考えられないことですので、原因があるのだと認識しましょう。

けっして怒鳴ったりして間違った対処をせずに、しっかりとした理由を認識して対処しましょう。

スポンサーリンク

子猫の粗相の原因

子猫

子猫の場合は、母猫が育児放棄などでトイレの世話をしなかったり、自分の臭い自体が分かっていないため粗相をしてしまうことがあるようです。

 

成猫の場合

猫

成猫が突然粗相を始めてしまったら驚かれることでしょう。

この場合、生活環境に何の変化もないのに粗相が始まったら、病気の可能性考えて見ることです。

比較的若い猫でも、猫は泌尿器系の病気にかかりすいため、もし続くようなら一度病院に連れていき検査することをおすすめします。

また、ペルシャのような長毛猫は他の猫に比べて粗相をしやすいという事も確認されています。

スポンサードリンク






老猫の場合

猫

猫は8~11歳頃から老化が始まると言われています。

11歳の猫で人間の60歳にあたるとされていますので、老化現象の始まりは受け入れるしかありません。

そのため人間同様、運動能力の低下や認知症、また病気も原因と考えられます。

 

しつけが原因か?

猫

しつけといっても、子猫や野良猫のような場合を除き一度トイレを覚えた猫が粗相をしてしまうのなら、粗相をした時のしつけが原因かもしれません。

例えば大きな声で怒ることは絶対にしてはいけないことです。

それが原因となり、猫は粗相ではなくおしっこをしたこと自体が悪かったのかもしれないと感じ、我慢するようになってしまい病気になる猫もいます。

最初のしつけさえきちんとできているのに突然粗相が始まってしまったら、子猫や老猫に限らず、決して怒鳴ったりしないようにしましょう。

粗相をした場所を念入りに臭いが残らないように掃除して下さい。

スポンサードリンク






何が原因?対処法は?

猫

トイレの数や場所が原因

猫のトイレは飼い猫の数プラス1個が原則とされていますので、数を増やしてみることから見直してみて下さい。

また猫がトイレの中にいる時にたまたま来客のチャイムが鳴ったなどびっくりするようなことが起こったという事も考えられます。

猫のトイレは人目に付きにくく、落ち着いてできる場所にあるかトイレの場所の変更も考えて見ましょう。

不意の来客でトイレを我慢してしまう猫もいるようですが、その際でも猫が安心して隠れる場所を確保しておくことはできませんか?

神経質な猫にはそういった事も工夫しておくことが大切でしょう。

 

環境の変化が原因

引っ越しや大きな模様替え、あるいは新しく家族が増えたなど、飼い主さんの生活に大きな変化があると猫にとってとてもストレスになることも多々あります。

毎日5分でも10分でもいいので猫と遊んであげる、スキンシップをたっぷりとることを心掛けて行ってみて下さい。

猫には環境に慣れてもらうしかないので、新たに多少時間をかけて猫が安心して用を足せる場所を確保できるようにしてあげる必要がありますね。

また、猫砂を急に全部変えた、トイレ事態を新しく急に変えたなど、急な変化も猫にはついていけないことが多いです。

どうしても変更したい場合は徐々に変更していき、猫が慣れるようになるまで根気よく見守ってあげてから変更するようにして下さい。

スポンサードリンク






病気の可能性

病気の可能性も考えられます。

何も生活環境の変化がないのに突然の粗相は原因として病気の可能性が考えられます。

腎臓、膀胱などの泌尿器系の病気が真っ先に思い浮かびますが、排泄物をチェックして獣医師のもとに連れていき、アドバイスを仰ぐようにしてみましょう。

高齢になればなるほど病気の可能性が考えられますので、なるべく早めに対処することをお勧めします。

 

老化が原因

老猫の運動低下が明らかにみられるような場合ですと浅めのトイレに変える。

猫が上り下りしやすいように階段や段差を作ってあげるなど工夫してあげてみて下さい。

また認知症の場合などは垂れ流しになってしまう事もありますので、この場合は猫用のおむつをさせてあげることも検討して下さい。

スポンサードリンク






季節の変わり目

季節の変わり目で一時的にうまく排泄がうまくできない時があります。

便秘気味になることがストレスになっているのかもしれません。

その際には猫のお腹を優しくマッサージする、ヨーグルトやオリーブオイルを小さじ1杯程度与えてみることで便秘が解消し、排尿もスムーズにしてくれるようになるかもしれません。

 

マーキングの可能性

 

マーキングの可能性は去勢していないオス猫に見られます。

去勢しても確実にマーキングをしないという保証はないのですが、なるべく若いうちに去勢手術をするほどマーキングをしなくなったという傾向にあります。

 

終わり

猫

猫はとてもキレイ好きな生き物ですし、めったにトイレの粗相はしないのが基本です。

その分、神経質なメンタルの持ち主のようです。

猫にとっての好み、ストレスなど、個々に合わせて一度猫目線で考えて見られてはいかかでしょう。

ストレスを軽減できる何かヒントが見えてくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます