愛好家急上昇中のパインウッド。

システムトイレの中でも、こんなに好まれている理由は一体どこにあるのでしょうか?

他のシステムトイレとの違いや使い方、また掃除の仕方やさらにはおすすめのシートまでご紹介します。

スポンサーリンク

パインウッドとは

森林資源のリサイクルで100パーセント天然の木からできている、円筒形の木材ペレットのことを表しています。

パインウッド 砂

他のシステムトイレの砂と比較

消臭、脱臭力が高く、散らばりにくい、ほこりがたちにくい、掃除の手間が楽というメリットは他のシステムトイレと同様です。

圧倒的に違うのは、尿を吸収するとおがくず状に崩れるというところです。

パインウッドおがくず状

他の木系、紙系、シリカゲルなどは尿を吸収しないのでそのまま通過して、下に落ちますが、パインウッドの場合ですと吸収して粉状になり、下に落ちた後はおがくず状態として残ります。

この下に落ちたおがくず状のものも、まだ消臭、脱臭能力が残っているので、シートに含まれているオシッコの臭いを消臭してくれます。

生ゴミとしてゴミ箱に捨ててからも消臭効果は続いているので、生ゴミの臭いを抑える働きもあります。

また、オシッコがかかった部分だけおがくず状になり下に落ちるので、掃除の際に上の砂を全て変える必要がありません

経済的にも優しいということですね。

他のシステムトイレの砂との違いをまとめると、

  • 尿を吸収するとおがくず状に崩れ下に落ちる
  • 下に落ちた後も消臭効果が続くので、シートのオシッコの臭いを消臭してくれる
  • オシッコがかかった部分だけ崩れるので、砂を全て変える必要がない

このようになります。

パインウッドが気になっている方は、ぜひ一度使ってみてください。

使い方と掃除の仕方

便は少し付着したペレットと共にトイレに流すか、可燃ごみとして出します。

ただし、下痢の時はスコップですくい可燃ごみとして出しましょう。

尿の後でしたら、トレーを軽くゆすると壊れた木粉がすのこの下に落ちます。

尿のすぐ後でまだ湿った状態でしたら、スコップでひろい可燃ごみとして捨てます。

また、すのこの下が木の粉で一杯になれば、3日~5日に一度、土に埋めるか可燃ごみに出しましょう。

生ごみと一緒に混ぜると腐敗臭も抑えられるので、ぜひ試してみて下さい。

オススメのパインウッドと合わせて使うペットシート

アイランド トレード エンド インダストリーズ パインウッド

パインウッド

天然木100%、針葉樹の間伐材又は製材から生まれたおが屑を使用している、猫にも環境にも優しい商品です。

木質ペレット ホワイトペレット

ホワイトペレット

「木質ペレット ホワイトペレット」は、22Kgで1,980円というコストパフォーマンスの良さから、多頭飼いしているお家にはパインウッドの代わりになります。

ペットシーツ 薄型 レギュラー 800枚入り(アイリスオーヤマ)

アイリスオーヤマ ペットシーツ 薄型 レギュラー 800枚入り

ペットシーツ 薄型 レギュラー 800枚入り(アイリスオーヤマ)も、広い保管場所さえあればこちらもお得になります。

システムトイレを嫌がる場合

まずは猫にシステムトイレもトイレだということを教える必要があります。

そのために、他のトイレにしてあるウンチをシステムトイレに持ち込んで、システムトイレに臭いを付けましょう。

システムトイレから自分のウンチの臭いがすれば、ここもトイレなんだと猫も理解してくれます。

パインウッドを嫌がる場合

まずは今まで使っていた猫砂と混ぜて使ってみましょう。

初めはパインウッドの量は少なくして、慣れてきたら徐々にパインウッドの量を増やしていきましょう。

最終的にはパインウッドのみでトイレをしてくれるようになるはずです。

ただし、パインウッドの抗菌力と消臭力を妨げる原因となる、ポリマーや人口糊の成分の固まる猫砂やシリカゲルとは混ぜないで下さい。

まとめ

パインウッドはこんなに優れていて飼い主さんにも猫にも地球にも優しいのですね。

私が日頃買い物している猫専用ネットショップでも大絶賛の嵐のように紹介していました。

これから猫と暮らし始める人の選択肢の一つにしてみてください。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます