猫の可愛さは無限大です。

だけど猫も人間同様性格はさまざまです。

いざ飼うとなったらどんな性格の猫を飼ったらいいのかなど知っておくことが重要です。

スポンサーリンク

おとなしくて飼いやすい性格の猫の種類は?

それでは今から初心者の方には必見。

そうでない方もどのような猫が飼いやすいのかをご紹介します。

ラグドール

ラグドールは毛も長く少しつりあがった青い目がとても冷たい印象を与えます。

気品高く見られる猫としても知られていますがその姿通りあまり野性的に獲物を捕まえに行ったり爪を立てたりすることがありません

毛が長く多いので抱っこするとぬいぐるみのようです。

スコティッシュフォールド

 

垂れ下がったお耳が特徴的な猫です。

垂れたお耳を持つ猫が生まれる確率は低く価値のある猫として知られています。

性格はおとなしく運動もあまり好まないです

体はしなやかでまるみがあります。

ヒマラヤン

シャムの血が入っていることから温和な性格です。

活動的ではないので壁紙などやぶられることも少ないでしょう

毛が多くてふさふさですので毎日ブラッシングが必須となります。

スポンサードリンク






甘えん坊の性格の猫の種類は?

飼いやすさだけがすべてではありません。

猫の性格も人間同様色々です。

次はパートナーの条件の多くを占める甘えん坊ちゃんを紹介します。

コラット

比較的人に懐きますがしっかり相手をしてあげないと拗ねてしまうぐらいの甘えん坊ちゃんです

色合いもロシアンブルーと似ています。

芸能人の方にも人気ですが今は希少価値が高いため飼うことが難しいですがペットショップでは一度探してみるのもいいでしょう。

マンチカン

人見知りせず飼い主に従順でお利口な猫です。

馴れ馴れしい面と少し怖がりの面も持っているので怖がらしたりせずよしよししながら暮らすことをおススメします。

マンチカンはヘルニアになりやすいので気をつける必要があります。

足は短いですが早く走ることもでき何とも言えない可愛らしさが魅力です。

ロシアンブルー

ロシア原産国の猫です。

飼い主に懐きますが反対にそれ以外は人見知りな部分を持っています。

飼い主にだけ甘える可愛さ100倍と言えます。

猫と二人三脚でやっていきたいそんな方におススメです。

スポンサードリンク






好奇心旺盛な猫はどんな猫?!

おとなしい猫もいればもちろん活発な猫もいることでしょう。

どんな特徴があるか紹介していきましょう。

ベンガル

ベンガルは高めの鳴き声が特徴的です。

発情期の鳴き声は要注意です。

運動量は多とても活発です。

野性的なので木に登って獲物を捕まえたりして遊びます。

一方社交的な面もあります。

もし飼う場合は家の中に大きめで登れるタワーがあると喜んで遊んでくれるでしょう。

アビシニアン

アビシニアンは頭が良いことで知られています。

賢い面とイタズラ好きな部分があるためそんなやんちゃな部分を理解してあげることが大切です。

好奇心旺盛なところが裏目に出てケガをすることが多いようです。

また先天性、腎臓系の病気にもかかりやすいようですので体調管理が必要となります。

スポンサードリンク






雑種の猫は育てやすい?育てにくい?

日本国内で一番飼われている種類の猫です。

飼われている数が多いだけに短い毛の猫は活動的でやんちゃ。

長い毛の猫は反対におとなしいと言われています。

最近では野良猫も見なくなりました。

ペットショップの猫は生まれて何か月か経っていますが野良猫の赤ちゃんは生まれたばかりの猫もいて育てる楽しみがとてもあります。

生まれたばかりの猫の赤ちゃんは平均100グラム程度で栄養状態もあまり良くない場合がほとんです。

もし保護して育てることになった時はしっかりお世話し立派に成長することが期待できます。

安易な気持ちで育てることはやめておきましょう。

雑種の猫と言っても色々です。

性格、体格も様々です。

赤ちゃんの頃から足がなんだか太いなぁ~と思っていたら大きくなれば更に太くなります。

そして何よりも活発でやんちゃ。

後蹴りで引っかいたり馬のように走る猫もいたりします。

やんちゃな猫もいますので赤ちゃんの頃からの体格も見ておくと選ぶ基準の一つとなっていいでしょう。

赤ちゃんから育てたいという方は見つけるのは大変ですがサイトから譲り受けることもできますのでご参考までに。

スポンサードリンク






まとめ

100種類以上いる中から選ぶのは本当に大変です。

ですがどんな猫を迎えるとしても飼い主として最後まで見ること重要です。

猫に限らず命ある動物を責任持って飼うことは容易ではありません。

ですが動物を飼うことで学ぶことがとても多く人にも優しくなれます。

迎えるにあたってまず猫の性格やお世話する項目などを知っておくとイメージができるのでおススメします。

お世話することは大変ですがそれ以上の心の支えになってくれることは間違いありません。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます