徳島で猫の里親になれる施設や方法などをご紹介していきます。

保健所の情報や公的団体、Veterinary Adoptionに賛同している動物病院、譲渡会情報や猫カフェ、里親募集サイトなどをまとめてみました。

猫を家族にしたい思いからペットショップと足を運んでしまうものですが、「里親」という選択も考えて頂けないでしょうか?

寂しい思いをしている猫をあなたが助け出す事ができます。

スポンサーリンク

保健所

保健所こわいです

保健所は、引き取り手がいないと収容されてきた猫は殺されてしまいます。

保健所に収容されてきた猫は、殺されていくのを、ただただ待っているだけなります。

振るえ、おびえている猫を保健所から引き取って、家族の一員にして頂けたら幸いです。

 

徳島の保健所一覧

番号 保健所 所在地 TEL
01 徳島保健所 徳島市新蔵町3-80 088-652-5151
02 阿南保健所 阿南市領家町野神319 088-422-0072
03 美波保健所 海部郡美波町奥河内字弁才天17-1 088-474-7343
04 吉野川保健所 吉野川市鴨島町鴨島106-2 088-324-1114
05 美馬保健所 美馬市穴吹町穴吹字明連23 088-352-1017
06 三好保健所 三好市池田町マチ2542-4 088-372-1122
[cc id=20]

公共機関

保健所とは別に動物の保護などを担当している機関・団体があります。

徳島では動物愛護管理センターで運営されています。

ここに保護された猫も、引き取り手がいない場合は殺されてしまうのです。

殺されてしまう前に引きとって頂けたら幸いです。

動物愛護管理センター

  • 動物愛護管理センター
    所在地
    〒771-3201
    名西郡神山町阿野字長谷333
    TEL
    088-636-6122
    FAX
    088-636-6123
    受付時間及び休館日
    9時30分~16時まで(休館は毎週月曜日)
[cc id=20]

『Veterinary Adoption』に賛同している徳島の動物病院

獣医さんが見てくれます

Veterinary Adoptionとは、

≪動物病院による保護犬猫の譲渡活動をサポートする≫

この理念のもと活動しています。

それに賛同した日本全国の動物病院に保護されている、または動物病院が里親探しをしている猫たちを、動物病院が実際の出会いの場となり、新しい家族へ譲渡されるという今まで存在していなかった新しい形のマッチングのサイトになります。

Veterinary Adoptionに賛同している徳島の動物病院をご紹介します。

動物病院で簡易的な健康診断やワクチン接種など健康面や衛生面をチェックした後に譲渡する形なので、里親になって頂ける方には安心したシステムです。

『Veterinary Adoption』に賛同している徳島の動物病院一覧

番号 動物病院名 所在地 電話番号
001 林獣医科病院 徳島市南島田町2丁目119-2 088-631-4141
002 はち動物病院 徳島市八万町弐丈47-1 088-678-4028
003 みなみ動物病院 板野郡藍住町奥野字矢上前44−1 088-679-6714
004 うえだ動物病院 板野郡藍住町笠木中野60-1 088-691-5026
005 リューネ動物病院 鳴門市大麻町桧東バリ94-3 088-689-4976
006 大クスどうぶつ病院 三好郡東みよし町加茂1499−1 088-387-7788
[cc id=20]

猫の里親を募集している徳島の譲渡型猫カフェ

カフェで楽しいひとときを・・・

徳島の譲渡型猫カフェをご紹介します。

  • 猫カフェマイケル
    所在地
    板野郡上板町587-7
    TEL
    090-1006-9704(※要事前確認)
    営業時間
    (木・土・日祝)13:00~17:00(※夜間貸切有) (月・火・水・金)14:00~17:00(※予約制)
[cc id=20]

民間団体兼里親募集サイト

私たちの親になって下さい

全国で里親を募集している里親募集サイトをご紹介します。

リンクをクリックして家族になれる猫を探してあげて下さい。

まとめ

猫を飼い、途中で捨てるモラルのない人や去勢手術をしないで外に放置し、数を増やすだけ増やしてしまう方がいます。

猫が可愛いのはわかりますが、愛情の注ぎ方を間違えると、ただ不幸にしてしまうだけです。

猫を1匹でも多く救うために猫をさがしている方は里親になって頂きたいです。

保健所に行く前の猫を引き取っていましたが、最期まで面倒を見、葬式をして最後まで見送りが出来た事はほこりです。

猫たちのためにも責任を持った飼い方をして頂きたいと切に願って止みません。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます