トイレ

猫用のトイレとしては砂がメジャーですが、犬のようにペットシートのみで大丈夫ということご存知でしたか?

軽くて吸収性に優れたシートで済むものなら、交換も検討しようと思われる方もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

猫のトイレはシートだけで済む?

猫

猫砂が一般的ですが、しつけることで猫砂からシートのみで排泄できるようになることもあるようです。

メリットは・・

  • 砂のような飛び散りがない
  • 軽くて可燃ごみとして出せる
  • 尿の色が分かりやすくて健康状態が把握しやすい

またデメリットとしては・・

  • 慣れていないと排泄物を猫が踏んでしまい足についたままになる
  • 猫が砂をかく要領でひっかいてシートがボロボロになり切れ端を口に入れることもある
  • 種類により消臭力が弱くて、臭いが強く残ることもある

このため吸収性と脱臭性に優れているというシートが必要という事になります。

 

シートのみの使い方と砂の必要性

トイレ

今まで猫砂を使っていたならシートにいきなり変えることは猫にストレスになりますので徐々に切り替えるよう工夫が必要です。

まずシートの上にそれまで使用していた猫砂を撒き、猫が慣れるにつれてその猫砂の量を徐々に減らしていきます。

このようにして少しずつ慣らすことで猫がそこがトイレだと覚えてくれるようなります。

 

交換頻度はどのくらい?

アイリスオーヤマ ペットシーツ 薄型 レギュラー 800枚入り

シートは猫が1匹なら週に3~4回ほどは必要です。

この際にレギュラーサイズが多く使われているようですが、猫が嫌がってなければたくさんまとめて買って置くことがお得です。

スポンサードリンク






お勧めのシート・・人気順5選

シーツ

No.1 厚型ペットシーツ(ペッツビレッジクロス)

犬用ですが高吸収で安心の国産の製品です。

 

No.2 1週間取り替えいらずネコトイレ脱臭シート(アイリスオーヤマ)

この商品はシステムトイレ用とありますが、ペットシートのみで使えそうなのでランキングに入れてみました。

 

No.3 ペットシーツ業務用ワイド中厚型(コーチョー)

価格も安くて国産で、吸収性にも優れていて逆戻り対策も施している商品です。

 

No.4 猫の時間システムトイレ用吸収シート31枚入り(猫の時間)

こちらもシステムトイレ用ですが、とても吸収性に優れていて高評価の商品です。

 

No.5 炭入り消臭 厚型ペットシーツ(ペッツビレッジクロス)

こちらも犬用でありますが、炭を入れる事で消臭力に優れていて、価格も安いと評判です。

 

終わり

子猫

ペットシートだけで猫がトイレをできるようになるかは個体差もあると思いますが、魅力的です。

例えば避難しなければならないような時などはとても助かりそうですし、猫砂の安全性に疑問を持つ声もまだまだありますから。

切り替えてみる対象としてはとてもいいのではないでしょうか?

ただし猫はやはり砂をかきたいみたいなので、猫からクレームが来て取りやめるケースもあるようです。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます