猫砂

トイレに流せる猫砂はすぐに処理でき使いやすいことから人気ですが、そんな流せるタイプの猫砂でもトイレが詰まることがあります。

実際にトイレが詰まってしまった場合の対処法や、トイレに流しても詰まりにくい猫砂をご紹介します。

スポンサーリンク

猫砂がトイレを詰まらせる原因

トイレ水漏れ

猫のウンチは人間のものと違って水に溶けにくいという性質があります。

そのため猫の便を流すと詰まる事があるようです。

そして猫はグルーミングして口から毛が入り、それが便に混じり流れにくい原因にもなります。

また多頭飼いしていると一度にたくさんの排せつ物をトイレに流してしまい、これがつまりの元となることもあります。

また建物自体が古かったりするとトイレの配水管が細くなっていたり、老朽化していて詰まりやすいといった建物の構造上の問題もあります。

また最近多いのは、節水型のトイレでは流せる猫砂でも詰まりやすいこともあります。

 

対処法

水洗トイレの構造により流せる量に違いがあるため、一回につき一個分だけ流すようにします。

2個以上の場合は小分けにして流し、一度に大量に流さないようにして可能なら可燃ごみとして処理しましょう。

また流す際は必ずトイレレバーは大の方で流すようにしましょう。

スポンサードリンク






詰まってしまった場合は?

ラバーカップ

慌てずに落ち着いて行動することです。

間違った対処法をしてしまったため水浸しになってしまう事もあるので気を付けて下さい。

まず最初にできる方法としては、塩大さじ3杯に対して水500ccの食塩水を流すと解決する事もありますので試してみて下さい。

また灯油ポンプを使って水のみをすくいあげ、ラバーカップを使うという方法も試してみてもよいでしょう。

山崎産業 JCII ラバーカップ 中

 

もっと本格的な道具としてローポンプスーパーという道具もあります。

ローポンプスーパープラス

値段が多少かかりますが、業者に頼むよりは安く解決できるのではないでしょうか。

最終手段としては業者を呼ぶことになりますが、修理代は15,000円20,000円位かかるようです。

 

浄化槽タイプのトイレは大丈夫?

浄化槽

問題ないことがほとんどですが、浄化槽タイプのトイレの場合は処理能力に限界があります。

分解できないビニール袋などが混入していると、浄化槽の故障の原因となるので、可燃ごみとして処理するのが無難でしょう。

一般的に流せる猫砂は下水道が通っている自治体のトイレに流すべきであるとの意見もあります。

そのため特に鉱物系の猫砂は浄化槽タイプでは流さないことが良いようです。

スポンサードリンク






おすすめの流せる猫砂は?

木製のタイプ

ひのきで作った猫砂

ひのきでつくった猫砂

素早く水に溶けるのでトイレに流しやすく、固まりやすく、国産の安心な商品です。

 

がっちり固まってトイレに流せる猫砂

ガッチリ固まってトイレに流せる猫砂

木材を原料としていて、固まりやすくトイレに流せるタイプの猫砂です。

 

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂(常陸化工)

木材を主原料としていて有機物で作られているため水洗トイレに流せるタイプの猫砂です。

 

紙系のタイプ

しっかり固まる!紙の猫砂

紙の猫砂(アイリスオーヤマ)

再生パルプを使用していて、素早く吸収し固まり崩れにくく、トイレにも流せるタイプです。

 

特に流しやすいタイプ

トフカスサンドK

トフカスサンドK

 

良質のおからで出来ていてほこりが少なく、トイレにも流せます。

 

おからの猫砂 大粒

おからの猫砂 大粒

飛び散りにくい大粒のペレット状の猫砂ですぐに水に溶けトイレにも流せます。

 

植物原料のしっかり固まる猫砂

植物原料のしっかり固まる猫砂

おからが原料で、固まる部分がでんぷんで出来ているため、水に溶けやすく流せます。

 

終わりに

猫

流せるタイプの猫砂ですが、つい見落としがちになる裏面の注意書きを見てみると、確かに細かな使用方法が書かれています。

今使っている猫砂をチェックしてみる必要性がありそうですね。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます