おからの猫砂

おからでの猫砂は猫が万が一食べてしまっても本当に安心できるの?

また、おからと言えばイメージ的に虫が出そうなんだけど...と疑問に思われているあなた!

そんな不安を感じている方に贈る、おからの猫砂を比較、ランキングにして検証してみました。

これからの使用を考えている方のに参考なればと思います。

スポンサーリンク

おからの猫砂の特徴

人にもなじみのあるおからですが、それを猫砂として作られている商品が多く出回っています。

穀物を原材料とした猫砂なので市販品の多くはまず安全といえます。

ただし商品として売られている訳ですから、中には防腐剤が使われている物もあるという現状も認識して頂きたいと思います。

 

様々なおから系猫砂を比較!

今回も勝手にランキング形式にしてみました。

 

「流しやすさ」ランキング5選!

おからの猫砂を、「流しやすさ」でランキングにしました。

 

No.1:ひのきとおからの流せる猫砂(ヒノキ)

ヒノキとおからの流せる猫砂

「ひのきとおからの流せる猫砂」は、ひのきとおからをブレンドした国産の猫砂です。

トイレにも流しやすくお手入れが簡単です。

 

No.2:おからの猫砂グリーン 大粒(常陸化工)

おからの猫砂 グリーン 大粒

「おからの猫砂 グリーン 大粒」は、高純度のおからで作られており、安心して流しやすくまた、たい肥としての再利用も可能です。

また大粒のペレット状に形成しているので、散らばりにくいという特徴もあります。

 

No.3:おからの猫砂グリーン(常陸化工)

おからの猫砂グリーン

「おからの猫砂グリーン」は、固まり部分を水にいれるとさっと溶けて流しやすく、たい肥としての再利用も可能です。

原料や酸化防止剤は天然使用、抗菌材も猫に安全なものを使用しているので安心な商品の一つです。

 

No.4:トフカスサンド(ペグテック)

トフカスサンド(ペグテック)

「トフカスサンド」は、油脂分の少ない良質のおからを使用しています。

すぐに水に溶けて流しやすく、土に戻せるという特性があります。

 

No.5:おからサンド(スーパーキャット)

おからサンド

「おからサンド」は、原料はおからとでんぷんのみの使用で環境に優しい商品です。

トイレにも流せますし、土にも戻せます。

ただし吸湿性がすぐれているため、湿気の少ないところで保管する必要があります。

[cc id=20 title="AdSense"]

 

「消臭力」ランキング5選!

おからの猫砂を、「消臭力」でランキングにしました。

 

No.1:おからの猫砂 緑玉(常陸化工)

おからの猫砂 緑玉

「おからの猫砂 緑玉」は、緑茶成分配合で消臭効果抜群です。

ほこりも少なくトイレにも流せるので清潔さを保てます。

 

No.2:消臭おからサンド(スーパーキャット)

消臭おからサンド

「消臭おからサンド」は、ヒノキの香りで消臭力を発揮します。

また尿が固まりやすく後始末も楽な一品です。

 

No.3:ニオイをとる砂(ライオン)

ニオイをとる砂

「ニオイをとる砂」は、おからとでんぷんに吸収促進剤(パルプ)を原材料とした国産の商品です。

おからの中和効果で素早く消臭します。

また従来の製品より固まる力をアップさせているためくずれにくく、取り除くのを楽にできます。

 

No.4:ネオ砂 おからの猫砂(コーチョー)

ネオ砂 おからの猫砂

「ネオ砂 おからの猫砂」は、中心に穴が開いている珍しい構造でできています。

尿を素早く吸収、消臭しアンモニア臭の99パーセントを防ぎます。

 

No.5:おからの猫砂 せっけんの香り(常陸化工)

おからの猫砂 せっけんの香り

「おからの猫砂 せっけんの香り」は、せっけんの香りがする天然素材からできた猫砂です。

大粒ペレット形状で、たい肥としての再利用も可能です。

[cc id=20 title="AdSense"]

 

もしも猫が食べてしまったら?

おから由来の猫砂は他の物と比較しても、誤食しても危険性が少ないです。

しかし猫砂の特徴の水分を吸収して固まるという性質は、胃腸の中で行われますので大量に摂取すると命に関わることもあり、大変注意が必要です。

子猫ほど胃腸障害、おう吐、下痢になりやすくタウリンが不足して、栄養不足になります。

おなかに寄生虫の心配があることもあり、他に理由が思い当たらず元気がない場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

食べてしまう傾向が猫にもしあるなら、新聞紙を細長く切り裂いて猫砂と一緒に入れておくと、寝床にする猫もいますし少しは安心です。

後はしつけ用のスプレーをあらかじめ吹き付けておくなどで予防できます。

 

虫の心配は?

多くはないですが、小さな虫やゴキブリが寄ることがあるようです。

どうしてもおからの猫砂を使用したい場合は、対策としてはヒノキを混ぜるなど工夫できるかと思います。

 

おわりに

おからにしても他の猫砂でも100パーセント安心、安全なものはないかと思われます。

その中から何を選ぶかは、そのメーカーや商品を信じるしかありませんが、なにより日頃の猫の健康チェックは欠かさないのが一番ではないでしょうか?

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます