鉱物系の猫砂は比較的安価で、猫が好みやすいことから使用している方も多いのでは?

これから使おうか考え中の方にも、おすすめの鉱物系の猫砂や安全性など検証してみました。

スポンサーリンク

鉱物系の猫砂ランキングTOP5

 

No.1 エバークリーン 小粒・微香タイプ

高品質の鉱物を材料としていてほこりがたちにくく消臭力が高いのが特徴的です。

 

No.2 ニオイをとる砂

ニオイをとる砂

然成分で出来ていて、圧倒的な消臭力で根強い人気の商品です。

 

No.3 プレシャスキャットウルトラ

人口科学薬品不使用の天然成分でほこりがたちにくく、固まり具合が抜群の人気商品です。

 

No.4 固まる猫砂

雑菌の繁殖を抑える銀イオンを材料に配合しており、固まりやすく脱臭効果も期待できる商品です。

 

No.5 がっちり固まる猫砂

良質のベントナイトから作られたオリジナルの商品で、パッケージに装飾を施さないため低価格を実現させています。

 

流せる鉱物系の猫砂ってあるの?

 

一般的には鉱物系の猫砂は燃えるごみとして処理し、トイレには流せないと言われています。

そんな中でも一部ブレンドされていたりしてトイレに流せるタイプの鉱物系の猫砂も登場しています。

 

タンカルプラス

ベントナイト不使用の鉱物系の猫砂で、炭酸カルシウムを原材料としていてトイレにも流せます。

 

安全性は?

鉱物系の猫砂でよく心配されているのが、ベントナイトという粘土の物質が配合されているためです。

このベントナイトは重科学金属が混ざっていて、粉塵を吸い込むことで健康に害があるということが懸念されています。

そのため食べるのは良くなく長期的に粉塵を吸い込むことで肺の病気になったという事例もあります。

かといってどの猫にも害があるのかということもなく、やはり個体差もあるようなので、心配ならかかりつけの獣医師と相談してみるなど工夫してみる努力は必要でしょう。

スポンサードリンク






処理、ごみ出しの方法について

鉱物系の多くは可燃ごみとして出すように指定されていることが多く、ルールを守る事で猫の飼い主の印象を悪くしないようにできます。

一度自分の自治体のゴミ捨てルールを確認してみましょう!

一部トイレに流せるタイプもあるようですが、その際にもトイレの配管の細さや老朽化などの問題で詰まる事もあるので、出来る範囲で調べておくのが無難でしょう。

 

おわり

猫が咳やくしゃみなど持病を持つ場合、鉱物系の粉塵は確かにあまりよくないかもしれませんね。

しかし猫の多くはなぜかこの猫砂を好む傾向にあるようです。

猫の好みか健康面の心配か選択しないといけないのは飼い主さんの責任です。

事前にしっかりと調べることは大切と言えますね。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます